今日のダイエット

先週の土曜日から開始したダイエット。

今日で6日目。努力しても明らかな効果出ない・・・明らかに食事量は減っているのに。昨日の夜は、ナスの肉味噌炒めと、豆腐と鶏肉を卵でといて親子丼風に似たものでした。お米は食べずにおかずだけ。今日の朝はわかめの味噌汁のみ。昼は施設の昼食で豆乳ラーメンと餃子。660kcal。まあまあ重いか?夜は、うな重弁当。ちょっと食べ過ぎ?このところ間食は一切なしの状況。

今にも心が折れそうです。お腹すいたなあ。冷蔵にある味噌ラーメンが食べたい。440kcal。今まさに目の前にあるカップ鴨そばは308kcalだから食べてもいいじゃん!

今日は職場まで45分かけて歩いて通勤・帰宅し、家で腕立て・腹筋・背筋・スクワットを各20回~30回を2セットしました!脳血管が切れそうになりました!

本日の空腹時体重 64.4kg

ダイエット

先日の土曜日から、ダイエットを開始しました。

実は、10日ぐらい前に、15年ぶりぐらいの友人と会い、「太ったねえ、幸せ太り?」とひやかされました。あの頃の体重は55kgぐらい、体脂肪率は8%!今では確かに体重は67kg、体脂肪率22%ですからねえ(苦笑)。

土日は、家から職場まで約4kmぐらいの距離を走り、ちょっと事務処理をして、また家まで走って帰りました。間食はせず、大好きなお米を減らし、満腹にならないように気をつけています。今日で4日目。こんなにお腹がすいているのに、ほとんど効果が出ておらず、非常に不満です!しかたないか。

体重50kg台を目標に頑張ります!

本日の空腹時体重:64.7kg

営業について

気分一新、今日は仕事、特に営業について書いてみたいと思います。

社会福祉法人は、内部留保が認められてないから、利益を伸ばすという概念にはあまりとらわれないですよね(ざっくり言うと社会福祉事業の目的のための利益の積立以外が認められていないということ)。安定した福祉事業の提供が必要だから守られている。でも、株式会社は株主への利益還元が必要です。特に一部上場企業では増収増益が常に求められるから、単純に営業が必要になるわけですね。

で、営業って悪いことなのでしょうか?辛いこと?現場からは結構苦情がでますよね。それは商品価値と営業トークが合致してないから生じるのです。福祉事業は、人生のクライマックスに携わる、それはそれは責任ある仕事です。特に有料老人ホームは、最後の人生をまるごと預かるわけです。だから、商品(サービス)を売るための営業じゃなくて、営業マンが自分の施設や事業所に誇りをもって営業するする必要があると思います。

僕の施設は200%の自信があります(名前を出せないのが残念)!常に変化を目指している。僕の施設では、毎日職員と比較的自立度の高い入居者で365日、毎朝外で(雨の日や真冬は中ですが)ラジオ体操をしています。明日から、介護が常時必要な入居者をラジオ体操に順番に参加してもらいます!この案、実は、介護スタッフからも出ていて、営業担当者からも出ていたのです!介護スタッフはできるだけ入居者を外に出してあげたいけど人員が足りないと。で、営業は自分たちが営業する施設がより良くなるために何か貢献できないか?と考えていたのです。それをたまたま聞いた社長と僕で、即決しました!営業マンが誘導や見守りを手伝う。たった10分ぐらいの時間を営業マンが介護スタッフとシェアすることで、入居者に素晴らしい時間が提供できるのです!

その他にもたくさんのチャレンジをしています!営業とは、価値あるサービスを人に知ってもらい、ニーズのある人に提供することです。価値ある商品(サービス)を作るのは、現場だけではない。営業をする人間が、入居者の幸せに関与できるから、自分たちのサービスを自信をもってお伝えできる。そして、営業マンも入居してくださった方を現場と一緒に支えるから、営業マンの言葉に心が宿る。僕の施設に入居してもらった方には、最後を迎えるときにほんとうに幸せだったと感じてもらいたい。もしもそんなことを入居者に感じてもらえたら、そのきっかけとなる営業の仕事って、すごくすごく素晴らしくて、やりがいがあるしごとだと思います。

正直な気持ち

今日は2つ目の記事です(あ、もう日付が変わってました)。
この前の『1号の葛藤』もみていただけると嬉しいです。

で、今回の話題。

人はみんな紆余曲折して、今の自分にたどり着いています。今の自分は、これまでの自分が選んできた結果。だから良くても悪くてもその選択の結果が自分らしさだと思います。

僕の父親は、管理職にはなれませんでしたが、バブル時代、一部上場企業の大手ゼネコンで働いていました。僕が20代の頃、父親が出張したり、単身赴任するのをかっこいいと思いました。だから僕もやっぱり一部上場企業で働きたいと漠然と考えていたと思います。いろいろありましたが、僕は、一部上場企業の本社管理職として2社で努めました。でも、楽しくなかった。毎朝5時過ぎに起きて、6時には家を出る。帰宅は早くても22時でちょっと遅ければ0時を過ぎる。僕は中間管理職で、結局社内の部門間調整に追われて何がしたいのか見失うことが続きました。

で、結局昨年10月、地元の小さな1施設1法人の会社に就職しました。今の社長はすごくすごく素敵な人で、今の社長も元は一部上場企業の社長室長で、将来を有望される方でしたが、不運もあっていまの会社で働いています。でも、今も大手の企業からのオファーがあるようですが。

何がいいたいのか?と思われるかも。そのとおりです。今の自分はすごく充実している。多分、前職から1000万円のオファーがきても断ると思います。でも、やはり大手の誰もが知ってる名前の会社のしかも本社の管理職なんていうとかっこいいですよね。だから正直未練がないわけではない。でも、絶対に戻らない。でも、過去を引きずる。矛盾している自分に疑問を感じる。

自分らしく生きることに迷いがない人はかっこいいです。でも、ほとんどの人がいろいろな悩みや矛盾を感じながら生きている。それでもいいんじゃないかなあ、って思うのです。成功するだけが幸せじゃない。辛いことや悲しいことがたくさんあっても、そこそこ幸せで優越感を感じることがあっても、それだけが人生じゃない。

人はみんな、喜んだり悲しんだり、成功したり失敗したり、笑ったり泣いたり、人を羨んだり自慢したり・・・本当にほんとうにたくさんの経験を通じて、やっぱり最後は誰かや何かに貢献することでしか満たされない生き物なのではないかなあ。意地を張らずに、そんな弱い自分を受け入れられたら、もう少し幸せになれるかもしれないと思いました。

1号の葛藤

このところイベントが盛りだくさんです!

先週は、小学校で恒例の流しそうめんを行いました!写真を添付しようと思いましたが、写真の処理に手間取ってしまいやめました(僕はパソコン音痴です:笑)。それから、地域のお祭りが始まっていて、非行防止のためにパトロール。さらに、2号が修学旅行(あ、今の時代は移動教室というのですよね:笑)でお出かけ。僕の仕事も営業体制の再構築で、忙しい毎日です。でも、充実しているかなあ。

さて、そんな中、1号は自分で計画を立ててコツコツ頑張っているのですが、ちょっと打たれ弱いところがありまして。期末テストで、自分の思うとおりの結果が出せず、落ち込み、泣き、暴れ(いや、暴れてはないです)・・・そんな1号でしたが、先日、テストの全体集計の結果が出てきました。結局、全教科合計では学年1位!!!(自慢してしまいました)、機嫌が直ったかと思いきや、今度は部活で自分よりうまい子にいつも負けると本気で落ち込んでいます(ちなみにその子と常にテストの学年1位を争っていますが、部活ではその子のほうが圧倒的にうまいようで。中間とか期末で負けると結構大変なことになります。僕から言わせたら、十分だと思うんですが)。慰めてみたり、励ましてみたり、突き放してみたりしますが、なんともその子がいろいろに過ぎているようで気になるのです。1号は今年も音楽祭でピアノを弾くことになったのですが、なんとその子も小学校3年生までしかピアノを習っていなかったのに弾くことになったと。1号は意識しなくても、その子から勝手にライバル扱いされるようで、意識せざるを得ないとか・・・その子、関東でも有名な私立の高校を目指していると・・・めんどくさいなあ、そんなこと気にしなきゃいいのに。でも気になるんでしょうね。この時期の乙女心は難しい。

そんな中、小学校の学校公開では、相変わらず、男チームの2号と3号がマイペース。2号は今回も僕が見に行った授業で教科書がない!僕が見るときは毎回教科書がない!わざと??で3号は自分の好きな技術ではハツラツとしていますが、それ以外では眠っているように沈没していました。そして今年1年生で期待が大きい4号は・・・国語の授業で全くやる気がなく、全員が手を挙げるような「好きな食べ物は?」みたいに担任がテンション高く質問しても一人だけ無視。

まあ、楽しいですよ。子育ては。