小林麻央さんのこと

僕はあまり世の中の話題に関心を持つタイプではなく、テレビもほとんどみません。でも、小林麻央さんの生前に遺していたという手記をネットでみてとても共感しました。皆さんは良くご存知なのでしょうが、一応記載してみます。

『人の死は、病気であるかにかかわらず、いつ訪れるか分かりません。
例えば、私が今死んだら人はどう思うでしょうか。
「まだ34歳の若さで、可哀想に」、「小さな子供を残して、可哀想に」でしょうか??
私は、そんなふうに思われたくありません。
なぜなら、病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないからです。
私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、愛する人に出会い、2人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した、色どり豊かな人生だからです』

僕は小林麻央さんという方をほとんど知りません。でも、この手記を読んで、ほんとに素晴らしい人だなあと。愛に溢れた幸せなひとだなあとすごく思いました。

僕には4人の宝物があります。4号が生まれてすぐに子どもたち4人で撮った写真が僕の部屋に飾ってあります。ママさんとは必ずしもいつも仲良くという感じではありませんが、やっぱりすごく感謝しています。子どもたちはだいぶ大きくなりましたが、すごくすごく可愛くて、大切です。その子どもたちに愛情を注ぐことができる、そのことに感謝したいし、幸せです。

僕もいつ死ぬかわからない。だから、後悔をしない生き方をしたい。子どもたちに1秒でも多く愛情を注ぐこと・・・そしてやりたいと思うことをすること。今はそれができていると思います。とてもありがたいことだと思います。それを感謝したいと思います。たくさん転職してきましたが、すべて今の自分にたどり着くためのプロセスだったのだと。ただ、もうひとつだけすべきことがあります。きっともう転職はしません。今の会社を辞めるとするならば、それは自分で経営者になるときです。

明日は、1号とバスケットゴールのある公園に早朝練習に行ってきます!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)