FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業しましたあ!

1号が無事に小学校を卒業しました。
前回の記事と合わせてお読みいただけると嬉しいです。

さてさて。卒業式、僕は号泣してしまうかと思いましたが、何とか持ちこたえました(笑)。子どもたちがステージで話す「決意の言葉」で、「お母さん、お父さん、今まで育ててくれて本当にありがとう」みたいな言葉を言う子がいて、それにはぐっときちゃいました。それから、「中学校に行ったら、勉強と部活を両方頑張る」みたいなことを言う子も多かったです。きっとこの決意にも親への配慮があるんだろうなあ、なんてちょっと嬉しくなりました。でも、我が家の1号は、そのどちらでもありませんでした。親への感謝も、勉強や部活を頑張るとも言いませんでした。彼女はこう言いました。「私は弁護士になりたいと思います。だから中学校では、どんな人の声も、できるだけ多くの人の声に耳を傾けたいと思います。その声を平等に受け止めたいです」と。感動しすぎて、泣くのではなく、笑ってしまいました。

それから現PTA会長の祝辞、うん、彼女らしくてとても良かったです。彼女のお子さんも卒業だったので、冒頭でいきなり言葉につまって、途中、明らかに泣いてしまいましたが、しっかり話しきりました。でも、その姿に、多くの保護者たちも心を打たれて涙していました。彼女は僕が会長を辞めるときにお願いした人でした。素晴らしい人です。元気で、明るくて、前向きで。卒業式終了後、会長に「お疲れ様、良い祝辞でしたよ」と声をかけたら、「先輩に祝辞では泣いちゃいけないと言われたのに泣いちゃいました」って言われました。いやいや、僕がその立場だったら、号泣ですから。で、会長から、「中学校でPTA会長になるんですって?すごく良いと思います」と言われました。そうです。1号が行く中学校のPTA会長を受けることに決めました。しかし、我が家のママさんでさえ、「え、受けたんだ?」って言うくらいなのに、すでに事実として知っているママさん連絡網の凄さを改めて知りました(苦笑)。

そして1号は、家に帰ってくると、すぐに友達とお昼ご飯を食べに行き、戻るとすぐに謝恩会にでかけました。夕飯どきに1号が僕に、「卒業しました」と言いました。僕は「おめでとう」と言いました。夕食後、1号が将棋をしたいというので2局対戦しましたが、僕が圧勝して不服そうでした(笑)。でも、その間、中学校に行ったらこんなことがしたいとか、こんなことが楽しみだとかいろんな話をしてくれました。

今日、中学校の説明会があったようです。指定ジャージや上靴を持って帰り、宿題も出たとかで嬉しそうでした。6年生最後の通知表で、自分の納得できない評価に対して、担任の先生に納得できない旨の手紙を書いて卒業式の日の朝に渡していたそうです。担任の先生に挨拶に行ったら、「今日、1号から手紙をもらった、本当にしっかりとしたお子さんですよ」と言われました。「そうなんですか」、といい、ママさんに聞いたら、手紙の内容を教えてくれました。ただ、感謝の気持ちもちゃんと書いていたようです。で、1号には、「中学校に行ったら、通知表の結果より、テストの結果が順位として明確になるので、やりがいがあるね。そして、部活でもレギュラーになれるか、そして、大会でどういう結果をだせるかが明確になるし」みたいなことを伝えておきました。本人はやる気まんまんなので、楽しみです。挫折することも含めて(笑)。

そんな中、今日、2号と3号の通知表がきました。まあ、二学期に比べたら良いかもしれませんが、一緒に戻ってきたたくさんのテストは散々でした。で、二人に、「悪い結果に対して、悔しいとかないの?」と聞いたら全く悔しくないと・・・点数や評価が悪いのいいのですが、そのコメントに腹が立ち、一喝してしまいました(反省)。とはいえ、そういう気持ちもちゃんと受け入れないといけませんね。だって、2号も3号も、僕たち親が心から望んでいる、「元気で生きていてくれている」のだから。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。