FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育ていろいろ(長文ですよ!!)

僕の仕事は、たくさんの渦に流され、飲み込まれ、アップアップしてますが、子供たちからは日々、たくさんのエネルギーをもらっています!最近のトピックスをまとめていくつか報告させてください(聞いてないかもしれませんが:笑)

先日、2号と3号が喧嘩をしました。すごく仲が良いのですが、喧嘩も頻繁にしています。ある夜、2号がふらっと僕の部屋に来て、ゴミ箱に何かを捨てて、カーテンを開けて外をみていると、突然の僕のベッドに来て泣き出しました。「オラは何もしてないのに、3号に死ねって言われたと」。震えながら、拳を握り締めて言うのです。3号を僕の部屋に呼んで話を聞きました。どうやら実際に言ったようですが、いろいろあったようです。2人を僕のベッドに座らせて、僕の気持ちを伝えました。「喧嘩することはあるし、今仲直りをしろとも言わない。でも、パパは自分の子どもたちに死んで欲しくなんかない。だからそんなことは言わないで欲しい。親はみんなそう思っている。だから、お前たちは友達にもそんなことを言わないで欲しい」と。その後、2人でお風呂に入って仲直りしたようです(なお、『あした考える』における「死ね」発言には愛があるので、今回の記事とは一切関係ありません:笑→いつも大爆笑してますし)。

それから、勉強、スポーツにやる気もなく、いつも大丈夫かと思う2号が、今年もバレンタインのチョコレート複数もらってきました。その中のひとりは、いつもお世話になっている、少林寺拳法の達人で肉食系女子でなぜかいつも遊んでくれる○○ちゃんです。ありがとう。そしてこれからもよろしく。ぜひ、お婿さんにしてください(笑)。

3号は、保育園時代から、3号に熱愛してくれている別の小学校に行った女子が、毎年、年に一度だけバレンタインの日に、チョコをもって遊びに来るのですが、今年も来てくれました。この愛はいつまで続くのでしょうか?結局、1号が数時間、その女の子の相手をしてくれていましたが・・・

最後に、今日の出来事です。先日、2号が理科のテストで奇跡の2号だけ100点、というテスト持ち帰ってきたので、僕の部屋に飾っていたら、3号が答えに「まい」という単位を書き忘れたことで減点されたテスト自信満々でもってきました。どうやら、僕の部屋に飾ってほしいようで、「じゃあ、ここに置いていくね」といって、2号の100点のテスト用紙の前の棚においていきました。その時、1号もいて、その「どや顔」を2人で笑顔で確認しました。

さて、残った1号。実は、3号の「どや顔」の前に、僕の部屋に1号が100点のテストを5枚持ってきて、「私は6年になって100点をとらなかったのは3回しかないんだよなあ」と言ったばかりで。いあや、自慢ですよ、間違いなく。ママさんの子どもとしてはありえますが、僕の子供としてはあり得ない。でも、頭の優秀さはママさんでも、感情の面では、ホントに僕が尊敬できるすごい子です。

そう、ここまではすべて前置きなのです!3学期の課題の中に、尊敬する偉人について感想文を書くという課題が出たそうで、それを僕が愛してやまない「アインシュタイン」にしてくれたのです!1号は、我が家にある、アインシュタインに関する複数の本を読んだだけでなく(語録集が中心ですが)、伝記も読んでいろいろ調べたようです。1号が、アインシュタインの何に感動したのか、それは、「あれだけの素晴らしい功績を残したにも関わらず、自分の功績を自分のために使うのではなく、その功績を平和(良い政治を培う)のために使ったこと」と言うのです。数ある素晴らしいアインシュタインの言葉の中から彼女が選んだ言葉は、アインシュタインマニアの僕でもはじめて聞いた言葉でした・・・「政治は今、この時のためだが、数式は永遠の未来のためのものだ」です。そのあと、30分にわたり、僕の見解を述べると共に、1号がなぜいくつもの言葉の中から、この言葉を選んだかを聞きました。

僕もママさんも、まあまあ(結構?、かなり?)変わり者ですが、子どもたちの日常には勇気づけられます。我が家には、普通の人からみたら、劣等生だったり、優等生だったり、変わり者だったり、弱虫だったり、強がりだったり・・・いろいろです。でも、僕もそうですし、ママさんに対してもそうですし、子どもたちに対してもそうですが、みんな一人の人間だから後悔しないように生きて欲しいと思うのです。心から愛してやまないみんなが、誰からも認められない生き方を選んだとしても、応援できる人でありたいなあ、と思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。