スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキースキー

昨日が授業参観だったため、明日の月曜日がお休みということで、今日はスキーに行ってきました!2号は突然のお留守番宣言をしたため、ママさんの家に残り、結局、僕と1号、3号、4号でのスキーでした。

が、5歳の4号は本日がスキー初デビュー、2年生の3号は、前回はじめ1人てリフトに乗れるようになったばかりで、暗雲が・・・。4号はスキーを履くとすぐに、怖い怖いの連続で、直ちにエスケープ状態!1号と1本リフトに乗って戻ってきた3号は、もうやめてソリをしたい!と言う始末です。

ところが、4号は20分ぐらいホントの軽い斜面で練習したら、「あの乗り物に乗りたい!」とリフトを指さします。「なっ、なにい~、大丈夫?怖くないの?」と聞いても乗るの一点張り。じゃあまあ乗せちゃいましょうか!ということで乗っけちゃったら、あとは、ガンガン滑る滑る。4号が落ち着いたので、3号にはソリ遊びに一人で行かせて、うまいこといきました。

遅めの昼食の後、1号も含めてみんなで40分ぐらいソリ遊びをしたら、再びみんなでスキーです。結局、4号が特にやる気満々で、リフトが終了する4時半前まで、みんなで楽しく滑りました。

楽しい一日(かなり僕は疲れましたが)になりましたが、途中、3号がぐずったり、咳が止まらないと言ったり、帰りに寒い寒いといっていて、喘息発作+靴下も手袋も濡れていたためと思ってまいしたが、さっき、頭が痛いというので熱を計ると39度!早く気づいてあげられなかったことを謝りながら、優しく寝かしつけました。3号がサッカーをやめたことは残念ですが、そのおかげで、僕が本来の自分らしい3号と関わる時間も戻ってきたし、他の子どもたちともこんなふうに有意義な時間を過ごす心の余裕が出てきたことも、今はすごくいいことだなあと思います。
スポンサーサイト

授業参観

本日は、小学校の授業参観でした。

まずは3号の教室へ。道徳で命について取り上げるようです。冬休みに、親への宿題がありました。それは、「子どもへの思いを手紙に書く」というもので、それを今日の授業で子どもたちに渡すのだそうです。この手紙は僕が書いたので、「これは行ってやらないと!」と思い教室に向かったのですが・・・時間を間違えていたようで、1時間目の授業は終わり、すでに2時間目の授業が始まっているではないですか!!国語の授業で、全員が教科書を暗記して音読発表をしているところみて、それから2号の教室へ。

2号は算数でした。割り算をしているようで、問題を解いた子どもたちが先生のところに行き丸付けをしてもらっています。が、何やら2号の席に女の子2人がいてあれこれ指導をしています??後で分かったのですが、「ミニ先生」と呼ばれる子どもで、問題を正解したあと、分からない子供を教えに行ってあげる仕組みのようです。なるほど、それで2号は最後までミニ先生に教わったまま、やる気も出さずに終了・・・チーン。ちなみにミニ先生の1人は、いつも2号と遊んだり、いろいろ面倒を見てくれる少林寺拳法を身につけている肉食系女子です・・・これからも超草食系男子の2号をよろしくお願いします(m(_)m)←絵文字なんか使ってみました。

さて、最後は1号のところに行きました。この時には4号と合流(ママさんは4号を僕に預けかいものへ)。1号の授業は図工で、自分の名前をデザイン画にするといったものでした。先生のご配慮で、4号は一番前の席に座らせてもらい、ママさんへの絵手紙を真剣に書いていました。1号は図工はあまり得意でないと言いますが、すごく良いデザイン画でした(写真を載せたいのですが、思いっきり名前がはいって入るので載せられず残念です)。

帰宅後、3号に、今日の命の授業は感動した?と聞くと、「みんなは感動したみたい」と。手紙のことを聞いても特段の感動はなかったようです。そういえば、そんな話もまったくなかったし。そもそもですよ、2号と3号がテレビを見ていると、感動のシーンで、2号が号泣している同じ場面で、3号は笑っている・・・こっ、こいつ・・・

まあ、これからもみんな自分らしく元気に成長して欲しいなあと思います。

またしても1号が・・・心配です

我が家のママさんの居宅介護支援事業所で、実地指導が入るとのことで、今月は土日も出勤していて平日も遅いのです。そんな時、またまた頼りにされてしまうのが1号。今日も僕が22時ごろ帰宅すると、夕飯を作り、茶碗を洗い、弟にお風呂に入るよう指示し、妹はお風呂に入れて洗ってやり、寝かしつけていました。大丈夫なのだろうか?こんなにいつも頑張って・・・

土日にママさんがいないのは、僕もいるので、みんなちょっと喜んでいていいんですけどね。この前の土曜日は、1号がパパ屋のからあげを食べたいというので、ちゃんと下ごしらえした唐揚げを1号と作りました。にんにく強めの醤油がこおばしいジューシー唐揚げができました!1号に上げ方を教えたら美味しく揚げてくれました(教えたといっても、「適当にみて、いい感じになったら取り出しな」って言っただけなんですが:笑)。

とにかく1号が頑張りすぎないように注意すること、「ありがとう」って心から伝えることを大切にしたいと思います。それから、できるだけ2人で過ごせる時間を作って、1号が思う存分、話したいことを安心して話せる機会を増やしたいと思います。

高等裁判所!

先ほど、孝ちゃんのパパさんからの素晴らしい提案コメントを頂きました!
そう、タイトル変更です!10分ほど、真剣に考えた結果、孝ちゃんのパパさんのご提案を何のひねりもなくそのままパクらせていただくことにしましたあ!!ということで、本日より「みんなの福祉と子育てサロン」となりますので、今後ともお願い致します。

さて、今日は1号の社会科見学についてです。高等裁判所に行ってきたようです。1号は、保育園の卒園式では、「将来、薬剤師さんになりたいです」と言い(ママさんの個人的意見が反映されていたような・・・)、小学校4年生ごろまでは、「小学校の先生」になりたかったようですが、最近では、かなりリアルな夢として「弁護士」を目指しているようです。で、今日の高等裁判所見学では、ある程度の台本がある中で、実際に裁判所で模擬裁判が開かれたそうなのです(最近はいろんなことやるんですね)。台本はあるものの、途中の議論では、空白の部分があって、そこでは判事とか検事とか弁護士とかの役の子供たちが、状況をもとにアドリブで話すそうなのです。1号は弁護士役だったそうです。台本では、コンビニ強盗が1万円を盗んだという設定で、監視カメラに、今回容疑者となっている人の影がいくつも映っていたという設定だったようです。1号は、アドリブ部分で「影だけで犯人と断定するのは信ぴょう性にかける」と発言したようです。でも、その発言では納得できなかったようで、僕に「もっといい表現があったとあとで気づいて悔しかった」と言っていました。それは、「影だけでなぜ犯人だと断定できるか?」ということだったようです。確かにこの発言の方が、検察側にプレッシャーをかけられますよね。で、最後に裁判官は・・・「無期懲役」を言い渡し、みんあ爆笑の渦で終了したそうです。

1号にとっては、とっても良い経験となったようです。

リニューアル!

本日より、思い切ってこのブログをリニューアルしました!

って、何も変わってないじゃん?って言われそうですが、これまで「福祉」でこのブログを登録していましたが、「育児」にすることにしました!福祉って、僕の定義としては「幸せであること」以外には考えられなくて、そうすると、ここではもっと私的な話に特化して、仕事に関わるような話は別の場所でしようかと。そういう意味では、すでに子育てブログになっていたので、これが自然な流れかと。

これを機に、タイトルを「みんなの子育てサロン」に変えようとも考えましたが、今の僕があることの根底は、福祉だし、さっきも書いたとおり、福祉は「幸せであること」だから、子育ても福祉。でそのままのタイトルで良いかと。

皆さん、あんまり変わりませんが、これからもよろしくお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。