スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1号、自分と向き合う

今日は、久々に早く帰宅でき、1号がちょうどお風呂からあがったところでした。まあ、早いと言っても21時過ぎではありますが。僕が部屋で、小学校の活動経費の精算をしているところに1号がやってきて、久々に話をしました。

今日、3時間目に、担任の先生が、「もうすぐ中学生になるのに、授業に集中していなかったり、何に対してもやる気を出せない人が多いと先生には感じられるが、みんなはどう思うか?」という質問があったそうです。このクラスは、5年生の時から、まあまあ学級雨崩壊していて、本来は5年6年は同じ担任で行くのですが、当時の担任では無理だということで、ベテランの先生が担任になるという本当に久々に不名誉な状況にあったようです(担任が登校拒否になってしまったようで、当時僕が副校長先生から相談を受けたぐらいです)。なので、担任の先生のやり方は、しごくまっとうだと思っていましたが、1号が異議を訴えたようです。僕は、一緒にPTAのソフトボール大会に出たり、運動会での親競技でいろいろ関わっている先生なのでとても良い印象を持っています。

1号曰く、先生は、その質問を突然投げかけ、4人の男の子に質問したけど、その子達が答えられなかったら、みんなが意見がないという判断をして、一方的にお説教をしたと。先生はそういう状況になれているから、突然質問されても答えられるかもしれないけど、普通の子どもは、そんなこと答えられない。ホントに意見を聞きたいなら、まずは全員に話をきくこと、そして相談したり考える時間を与えるべきだと考えたようです。そして、1号は、その授業後、一人で担任の先生のところに行って、その意見を静かに語ってきたそうです。1号は卒業文集で「弁護士になりたい」と書いたようです。先生のところに行くのは勇気が必要だったけど、弁護士とは、不利な状況の人たちの立場にたって、平等に議論できる環境を作ることにその意義があるとのことで、明らかに悪いと思われる子どもたちにも、ちゃんと意見を言える環境を作るのが先生の仕事だと話したそうです。そう、繰り返しますが、冷静に。

小学校6年生ですよ。我が子のことだから、明らかに自慢ですが、僕はこんなことが言える子は自分の子でなかったら、もっと持ち上げちゃいますよ。ホントに僕の子ども何ですかねえ?そんなこと聞かれても皆さんが知るわけないですが(苦笑)。

1号は、こんな話は、なかなか友達にはできないと言いました。ママさんにも話したようですが、僕やママさんは、これからも何でも話してくれたら嬉しいと思うけど、今唯一の本気の友達と思える○○ちゃんのように、これからもそんな話ができる友達をたった一人でいいから作れたらいいね、って言いました。

中学校という難しい局面に立つとき、1号の正義感は周りから受け入れられないかもしれません。でも、静かで強い想いを失わないで欲しいなあと思います。僕は、どんなことがあっても1号の味方ですから!



スポンサーサイト

保育園の先生って素晴らしい!

我が家の4号、いよいよ保育園最後の年度を迎えようとしています。

我が保育園では、在園児は3月に進級します。4月の新園児受け入れの影響を少なくするための準備なのでしょう。3.4.5歳児は異年齢保育を行っており、この年齢のチームで3クラスに別れています。4号の担任の○○先生は、4号が大好きな若い先生ですが、来月から3~5歳児の△△クラスに異動になるようです。今日、○○先生から4号にメッセージカードが届きました!こんな感じです

『だいすきな♡4号ちゃん
せんせいはもうすぐ△△くみさんにいくことになりました。
すごくすごくさみしいですが、△△くみさんから、4号ちゃんのことをみています♡
たんにんのせんせいではなくなってしまうけど、これからもずっとだいすきです。
                                    ○○せんせいより♥』

僕が帰宅すると、4号がこのメッセージカードをもってきました。いい先生じゃないですかあ!この保育園は、先代の理事長先生や今の理事長先生も根っからの子ども好きで、園長先生もとても良い先生です。園の先生のほとんどが本当にいい先生で、とくに1号のときの先生もすごく若かったのですが、とっても良い先生でした。

親からの苦情になどに、ひたむきに耐えながら、でも子ども達と一生懸命向き合ってくれる先生たちは、ホントに子どもが大好きなんでしょうね。若い先生たちが想いをもって働いてくれることを嬉しく思いますし、何より子どもたちに伝わることでしょう!

仕事の疲れもすっかり取れてしまったような気がします(気がするだけですが)

地域の小学校合同ドッヂボール大会開催!

本日、大雨の中、地域の10箇所の小学校から約120名ほどの子たちが我が小学校に集まり、体育館でドッヂボール大会を行いました!昨年は屋外でドッヂボールを行ったので、今年はリアル野球盤(子どものころにやった野球盤ゲームを実際のグランドでやってみる)という企画でしたが、誰かが雨男か雨女だったために(笑)、見事に大雨となり、体育館でのドッヂボールとしました。

雨のため、予定よりずいぶん参加者は減りましたが、みんな楽しんでくれたと思います。この実行のための中心メンバーのこだわりは、学校対抗ではなく交流すること。そして、運動が苦手な子も楽しんでもらえることです。だからその場で、いろいろな学校の子どもたちで構成される突貫チーム編成を行います。はじめはもじもじしている子たちも最後には仲良くなります!大縄飛び大会や個人競技のストラックアウト大会(体育館のステージで地味にやってました)も実施!最後は、高学年の優勝チームと親チームのガチ試合!何と、初め余裕で、楽勝ムードからちょっと手を抜いた隙に一気に負けてしまったようです(僕はその時、別の会議で30分ほど抜けていて・・・悔しい)。圧倒的に親チームが勝ったほうが、子たちへの励みになるんですが。来年リベンジです!各チームの表彰式、それから個人競技のストラックアウトも表彰しました。60名ぐらいが参加したようですが、我が校から2名のパーフェクト達成がでました!一人は2年生、一人は4年生です!まあ、どこの学校の子でも嬉しいことです。

各校の親父の会やPTAのママさんが大勢集まってくれて、見事なチームワークで、司会進行、チーム分け、事前の簡単なレクや準備運動、対戦表の張り出し、ゲームの進行や審判、豚汁やポップコーンの提供など、親や先生たちとも素晴らしい交流ができました。僕は全体進行の方に入ったので、あまり手伝えませんでしたが、我々オヤジの会は豚汁担当。豚汁は300食想定でいましたが、おそらく500杯ぐらい出たと思います!他校のポップコーンも250カップで足りず、豚汁用のお椀でも配給(?)していたようです。地域の知り合いが野菜を寄付してくれたり、親父たちの仕事関係で、ガスボンベが届いたり、雨にも対応できる大型トラックで、大型備品が搬入されたり・・・で、経費は2万円以内に収まったようです。そして何よりママさんパワー!!!500杯出た豚汁に使う大根と人参が余る程の量を、一時間足らずで切り刻んでしまうとは!!!里芋、人参、とうふ、こんにゃく、長ネギ、たまねぎ、豚こまたちを・・・しかも煮やすいように、でも形は残るように、絶妙な大きさと形に。僕は今日、これに一番感動しました!様々な学校のお母さんたちが連携して、表舞台に立つことがなくてもこつこつと協力してくれる・・・なんて素晴らしい!

昨年同様、地域のケーブルテレビや、新聞の取材も何人か来てくれてました。こんな活動が、地域の中に広がればいいなあ。市内にはおそらく100校前後の学校があるみたいだし。

来年は、この10校の子どもたちを僕たちの小学校に集めて、防災キャンプ訓練をやりたいと思っているんです!我が校では、もう4回ほど、学校キャンプを実施しており、毎年120名ほどの子どもたちが参加します。ご飯は、お釜でたきます。おコゲも美味しいんです!親父の会の備品だけでも120名分ぐらいのテントがあるので、子どもたちがある程度テントを持ってきてくれれば体育館を含めて200名程度の子どもたちの受け入れが可能です。そして、食事もPTAのママさんの力を借りれば、我が校だけで、250食ぐらいの供給能力が十二分にあります。防災の名目がないと、なかなか難しいので、そうしていますが、実際には、できるだけたくさんの子どもたちに、『学校って楽しいところなんだよ』って、伝えたいんです!言葉ではなく経験として。自分たちだけが幸せになるなんていうモデルは存在し得ないんです。だから、自分が幸せになるためには、まわりのみんなが幸せでなくてはいけないんです。ぼくたちはそう信じている。

来年は是非、このキャンプを実現したいです!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。