スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日焼けしましたあ!(って旅行とかじゃないですよ)

連休中、結局どこかに遠出するわけではなく、のんびりと過ごしましたが・・・1号とのバスケ練習や近くの街のこどもの日のお祭りイベントに自転車で行ったり、草むしりをしたりで、すっかり日焼けしてしまい、職場の人たちから「遊びまくってた」と誤解されそうです(笑)。

お祭りでは、3号と4号が金魚すくいをして、3号が大健闘の5匹ゲットで、4号が1匹。帰りに4号が金魚袋をひっくり返して、近くにいたおじさんとおばさんの救助後、僕がダッシュで金魚すくいコーナーに水をもらいに行き、何とか金魚たちは蘇生しました(汗)。4号のところに戻ると号泣していましたが、1号がやさしく慰めて、蘇生したことを知るとちょっとだけ安心しました。おじちゃん、おばちゃんありがとう!そんな感謝の気持ちで自転車に戻ると、カゴに入れていたお菓子やジャージが無くなっている!そんなものを持ってく人もいるんですねえ。

この連休は、子どもたちとゆっくりと向き合う時間がとれて、むしろ旅行とかにいくより余程良かったと思います。大きかったのは、1号とのバスケ練習。今日も車で20分ほどかかる公園に行きました。昨日も行ったのですが、何人かの人たちがいて、ゴールを使えなかったので、今日は朝練です!8時半ぐらいに行って、みっちり90分練習しました。フリースローがうまくいかなくて、かなりキレ気味の1号。でも、こうやってイライラをあらわにすることも大事ですね。いつも我慢してるし。

それともう一つ重要だったのが、2号との勉強です。先日、食卓に2号の算数のテストがあって、10問中1問ぐらいしかできていない!掛け算や割り算、プラスマイナスや()がまじった式がまったくできていない!小数点の位置を表すこともできず、本当に本当に基本的なことが全く出来ておらず、かなりあせりました。そこで、この連休中に、勉強を教えようと思いました!絶対に怒らないことをベースに、とにかく付き合う覚悟で望みました(真剣です)。ところが、相変わらず集中力はないのですが、「あれあれ」結構できるのです。九九をところでころちゃんと覚えていなかったので、頭をグリグリしながら覚えさせたり(軽い体罰ですね)をしながらも楽しく勉強をしました。親ばかの統一発言である「やれば出来る子」を連発しながら、無事に算数の宿題を終了しました。基本的な構造は理解できていたので、ちょっと安心しました。ではどうしてあのテストの点数だったのか?2号に聞いてみたら、「朝学習だったから気分がのらなくてやらなかった」と。確かに、1問目しか書いてなかった・・・。まあ、間違いなく優秀ではないですが、とりあえず意味を理解していることは分かって、ほんの少しだけ安心しました。

でも、我が家のママさんは、テストの結果にまったく関心を示していないし、無理に教えるつもりもないようです。ある意味すごい。友達との遊び方やお金の使い方などには几帳面に対応していますが、勉強については本当に全然気にしていないとかしか思えません。ママさんも2号みたいな子どもだったと聞いたことがあるので、どこかで変身すると思っているのでしょうか???そんなふうにゆったりと見守ることも必要なんですよね、きっと?
スポンサーサイト

飲みすぎました

昨日の夜(もう一昨日の夜です)、上司と飲みに行き、調子に乗って焼酎ロックで結構飲んでしまい、今日は一日寝込んでしまいました(反省)。酔った勢いでいろいろ言ってしまいましたが(自分の個人的な夢みたいなものとか・・・)、受け入れてもらえてすごく嬉しかったです。

そんな訳で、今日は朝から頭痛です。1号は友達と遊びに出かけ、ママさんと他の子どもたちはどこかに遊びにでかけました。とりあえず、二日酔い解消のために汗でも流すか、ということで庭の草むしりをして、シャワーを浴びましたが、不快感はとれません。無理やり昼食を食べて、頭痛が治まらないので、風邪薬を飲んで、ベッドに転がり本を読んでいたら、あっという間に熟睡。気づけば夕方の5時でした。

そこから読みかけの本、最近の僕のはまりの雫井脩介さんの「クローズド・ノート」を読みました。いい話です!雫井さんの本は、号泣する感じではないですが、しみじみと泣ける!

せっかくの連休なので、明日はもう少し有意義な時間にしたいなあ。2号と3号の勉強があまりにもまずい状況なので、一緒に勉強したい。それから1号とバスケできるといいなあ。図書館に行って、雫井さんの違う本を借りてこようとも思います!

そして、飲みすぎてはしまいましたが、やっぱり自分の目標を久々に人に話すことができたのは、良かったと思います。その夢の実現に向けて、一日いちにちを大切にしながら、悔いのない人生を歩んでいきたいと思います!!

良い一日

ゴールデンウイークですね。飛び石ですが、今年は休もうと思っていますので、ちょっとだけ心に余裕ができます。とはいえ、ずっと忙しく(連休の谷間の出勤時も重要な会議が立て込んでいるので、連休中に資料をまとめるのですが・・・)、3号から頼まれていた、バンガローでのキャンプの予約もとれず、子どもたちと遊びに行く予定は何もたっていないのです。

とはいえ、今日の午前中は、久々に4号と二人きりで、サイクリングをしてきました。途中、鯉のぼりがたくさん泳いでいたの、思わずパチリ。すごく楽しい時間を4号と過ごせました。

鯉のぼり

午後は、雫井脩介の「銀色の絆」を読みました。先日は、雫井さんの「つばさものがたり」も読みましたが、僕の好みの感じです。明日、1号と図書館に行く約束をしているので、雫井さんの別の本を借りてみようかと思います。1号に「銀色の絆」を勧めてみたのですが、「忙しくて読めそうにない」というのです。そんな言葉は、今まで聞いたことがなく、図書館から借りていた本も明日読まずに返すそうです。部活をはじめてから、時間が少ないようで、休みの日も僕とバスケの練習をしたりするし、毎朝基礎英語のラジオを聞き、中間テストもあるそうで、充実した毎日を送っているようです。

2号と3号とは、午後にママさんに内緒で、久々に「パズドラ」をして遊びました。しばらく封印していたのですが、連休だし、たまにはいいか、ということで無駄な時間を過ごしてみました。

明日は何をしようかなあ。せっかくの連休なので、子どもたちとたくさん一緒にいたいと思います。

新学期がはじまりました!

いよいよ、新学期がはじまりました!

1号は、卒業した小学校の子どもたちが多く在籍する学区内の中学校ではなく、少数派の中学校に行きましたが、「中学校楽しい!」と期待を膨らませています。本格的な勉強は、火曜日からのようですが、先週は部活の体験入部や生徒会、交流活動などをこなし、新しい友達もできたようです。2号の剣道の道場の子も同じ中学に2人入り、道場で2人が「2号くんのおねえちゃんに会った?」みたいな会話をしていて、同じクラスか聞いたら、「お姉さんは3組で、僕たちは1組です」と教えてくれました。ところで、道場で何度か会ってはいるものの、なんでそんなこと知ってるの?まあ、いいか。担任の先生はまだ若い英語の先生のようです。英語は頑張りたいとのことで、毎朝、基礎英語を聴き始めているようなので、それも楽しみなようです。

2号は、毎度の引きの強さで、本人も納得の受容的な先生のようです。昨年度の先生も特殊学級を担当していた方のようでなかなか良かったです。一昨年前の先生は、劇的に厳しい先生で他の保護者からは嫌われていたようですが、2号には熱心で、我が家のママさんも絶賛していました。

で、3号は・・・他の学校から赴任したベテラン女教師でめちゃくちゃ厳しいとのこと。ママさんも保護者会で話しており、先生本人も厳しいと自分を表するほどの強者のようです。3号はめちゃくちゃへこんでいて、「学校にいきたくない」と言っていますが、そのくらいの方がいいですよ!先生も、学校でのトラブルをいちいち家族に連絡しない!と言っているようで、僕としては好感度goodです!

で、4号ですが、今日はお熱を出して、朝からぐったりしていますが、3月の段階で、保育園はすでに年長に進級していますし、3歳~5歳児は異年齢クラスを採用しているので、進級してもそんなに大きな変化もなく楽しくやっています!先週、そんな4号が僕と遊んだことを絵に描いてくれたので、載せてみます。字も少しずつ書けるようになり、どうやら夜間のリハパンも卒業したようです。
サッカーの絵

みんないろいろな経験を積んで、大金持ちや権力者になる必要はありませんが、お金はそこそこあれば良いので、自分らしく豊かで幸せな人になって欲しいと思います。

ホワイトデー

最近すっかり、普通の子育てブログになっていますが、福祉の視点は忘れていませんよ!4月からの医療制度改正、果たして、不当な在宅療養支援診療所を排除し、真面目にやっている診療所が報われるのか?そんなことを5月頃に記事にしたいと思います!

とは言え、まあ、今日もやんわりと「ホワイトデー」です。

女の子の1号は、バレンタインデーにクラスの女子にチョコレートをあげただけだったようで、特に変化なし(パパも安心)。男の子チームの2号と3号は、それぞれチョコをもらっていたので、ママさんと手作りクッキーを渡したようです。時代は変わりましたねえ、手作りクッキーを男の子から女の子に渡すなんてありえないですよね(笑)。ちなみに、あまり因果関係はないと思いますが、来年度異動予定の若手男子社員が、ホワイトデーに部署内の先輩社員にチョコレートを配ってました。改めてそういう時代なんだなあと。

昨日、1号が、漢字検定5級を198点だったと報告してきました。「すごいねえ!」と褒めたのですが、完璧主義の1号は、「たった1問間違えたために、満点の賞状をもらえなかった」と残念がってました。それでも、6年生の総まとめ漢字テストでは、クラスの中で唯一の満点だったそうで、そんなに落ち込まなくて済みました。その後、3号が、張り切って、「漢字テスト5点だった!」と。いつも10問テストで1~2問ぐらいしかできていないので、「頑張ったねえ、テスト見せて」といったら、張り切って持ってきたテストは、10点満点ではなく、普通に100点満点なわけですよ・・・なんで、あんなに嬉しそうだったのだろう???

子育てとは不可思議なものですねえ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。