FC2ブログ

意図して人を傷つけないこと

すっかり記事の更新をご無沙汰してしまいました。
最近、プライベートでも仕事でも忙しかったり、思い悩むことがあり、
問題解決のために活動したり資料をつくったり、本を読んだり、人と
あったり、ぐったりと休んだりしてきました。

たまたま1号もいろいろな悩みが出てきたようで、1時間ほど話ました。
今の僕もそうですが、「意図して人を傷つけない」ということさえ守れば
その人は自由に生きるべきだと思います。

僕が住む市では、たいそうな子ども条例なるものをつくり、「相手が傷つ
けばいじめになる」と声高らかに宣言しました。では、その条例を作った
大人たちに聞きたい、「あなたは日々の生活で人を傷つけていませんか
?と」。なぜ、大人にできなようなことを子どもに強いるのでしょう?そん
な話を1号としました。

僕は、我が子には、絶対にそんな理不尽な要求はしません。「意図して
人を傷つけない」限り、「あなたは自由に行きなさい」と1号に言いました。

1号もいろいろ悩んでいます。でも、僕は1号に正直に「大人も悩んでいる」
と話しました。いくつになっても悩みはある・・・「でも、大切なのはどういう
風に生きるかは自分が決めればいい、苦しいときに頑張る必要もなし、
やりたくない努力をする必要もない、周りからの期待に応える必要もない
し、全部投げ出したければ投げ出せばいいと」と伝えました。たったひとつ
の条件、それは「意図して人を傷つけない」ことです。

そんな気持ちを僕は大切にしたいです。
スポンサーサイト



親ができること

今年高校に入学した1号。とても仲良くなった友達は、親から勉強が遅れないように
「運動部」には入らないこと、すべてのテストを平均点以上の点数をとることを約束さ
れて、もしもテストで平均点を下回る教科があったら「スマホの使用を認めない」とい
われていたようです。熱心な保護者のようで、そのかわり勉強に集中できるように、
毎日車で送迎をしてくれているそうです・・・でも、本人はもちろんそんなことを望んで
いません。本当は運動は苦手だけど楽しそうな「ダンス部」に入りたかったけど認め
てもらえなくて、先日あった中間テストではたくさんの「平均点以下」をとってしまった
ようで、すごく落ち込んでいるとのことでした。

1号は、その友達に「一緒にいてもいい?、それとも一人でいたい?」と聞いて、「一
緒にいてもいい」と言ってくれたので、たくさん話を聞いたと言っていました。そして、
その他にも生徒会で元会長が生徒会にきてネガティブな発言をたくさんしたことに
苛立ち、すごく落ち込んで僕の部屋で、「おかしい」と思うことをたくさん話してくれま
した。

まじめだからなあ、1号は。で、友達のことについては、「きっとその子の親も友達が
努力していることを知っているから責めたりしないよ」と伝えました。そして、生徒会
長の話については、「問題点がわかっている1号はすごい!生徒会長の思いも分か
るけど、ほとんどの人がそれを大切だと思わないなら、大切なことではないから、
自分が来年大切なことを大切と分かってもらえるように、この一年準備しよう」と話し
てみました。

親にできること、それは子どもたちに何かを課すことではなく、傷ついたときに支えに
なること、そして励まし続けることではないでしょうか?自分の大切な我が子が、安心
して過ごせる環境をつくることが、親にとって一番大切なことだと僕は思います。

青い鳥

昨夜は、3号と運動会のビデオを見ながらいろいろ話しました。あれやこれやと、
良いところをたくさん伝えてみました。このところ3号の話をちゃんと聞いてなかっ
たなあ、とちょっと反省もしました。そういえばこのブログに登場するも1号と2号が
多いし。

さて、昨夜3号と話したあと、特に何もする必要もなく(月曜日に上司に提出する
書類はまでですが・・・)、久々に本を読みました。今回も重松清さん。前回は「と
んび」で、今回は「青い鳥」です。
青い鳥
「青い鳥」は中学校教師の村内先生の話です。村内先生は、非常勤講師で短い
期間だけいてすぐに次の学校に異動します。村内先生は、国語の先生なのです
が、重度の「吃音障がい」なのです。だから当然授業もうまくいかない・・・でも、
そんなことはどうでもいいのです。なぜらな村内先生は特別な先生だから・・・・
「大切なことを教えてるれる」特別な先生。先生はうまくしゃべれません、だから
先生は大切なことしか言わないのです。そして先生の一番大切な仕事は「ひとり
ぽっちの生徒のそばにいること」なのです。

いやあ、これもめちゃくちゃ泣けました!中学校が舞台なので、2号に勧めてみよ
うかなあ。3号も本を読むようになったら勧めたいな。

運動会

天気も良く、運動会は無事に行われました・・・が、
先日から続く、ちょっとした体調不良のため、少しだけ遅れて小学校に
いくと、校長先生の挨拶で「短縮〇〇」みたいなことを話しています?
あまり気にせず、運動会を見始めると、「あれ?最初の競技やってない
じゃん」と。どうやら最高気温が高すぎるため、一部の競技を中止して
午前中で終わるということだったようです。今日、中止した競技は後日
実施するとか・・・へえ、いろいろあるんだなあと。

で、3号と4号は頑張ってましたし、4号はとても可愛らしい踊りをしたり
(本当はかっこいい踊りのはずですが:(笑))、綱引きもほとんど役に
立っていなかったけど可愛かった。

3号は一騎打ちの騎馬戦では勝ちましたが、団体戦ではあっさりとや
られていました(笑)。組体操でもしっかりと行っており、成長したなあ、
と感慨深く見守りました。そして、選抜リレー、結構頑張ってました。
アンカーでしたが、スタートの飛び出しも早く、そこそこ速く走れてまし
たが、ゴールが近づくと前の人も抜けそうになく、今度はうしろをきょろ
きょろ見ながら抜かれないペースで走るという、何とも微妙な走りでし
たが、結果は2位と健闘しました!

午前で運動会も終わり、毎年恒例の運動会の後片付けを先生やおや
じの会やら普通のお父さんやらと行って、そのあとで、近隣の小学校
の運動会の午後の部を見に行ってきました。そう、僕は中学校のPTA
会長で、小中一貫校の運動会です。僕の子は学区外から今の中学校
に行っているため、これまで当然一貫校である小学校の運動会をみた
ことがなかったからです。

これもなかなか元気があって良かったです!この6年生が来年、我が
中学校に来ると思うと何だか頼もしく思いました。副校長先生ともご挨
拶して、「来週は私が中学校の運動会を見に伺います」と声をかけて
いただき、今後も良い連携ができたらいいなあと思いました!

良い一日となりました。

許せないことと、悲しい話

ここ数日、楽しい話題を書いてきましたが、やはりこの話を無視できない
でしょう。ここ数日の報道で虐待による殺人が2件、相次ぐ子どもが被害
にあう交通事故、そして障碍者のグループホームの建設反対などです。

もう、本当に落ち込んでしまうのですが、有料老人ホーム「サニーライフ」
で介護職員による殺人が疑われる事件がありました。また、母親が生後
一か月の赤ちゃんを殺害する事件もありました・・・なぜ、このようなことが
防げないのでしょうか?

高齢者事業についてだけ話すと、以前殺人事件があった介護大手だった
メッセージ社や今回のサニーライフのように大手の介護事業者の運営実
態をみればどこでもこのようなことが起こり得る可能性があるということで
す。僕は東証一部上場企業が運営する介護事業を本社で管理職として
複数携わってきました。だから言えます・・・こんなことがいつ起きてもおか
しくないから、僕一人の正義で大企業の考えを変えることができないから、
少なくとも僕はこのような事態が起きることが分かっていながら、お金のた
めに仕事を続けられないと考えて、大手をやめて今の会社に入りました。

介護施設を検討している皆さん、大手でもちゃんとしているところもあるし、
明らかにダメなところもあります。週刊誌で良い介護施設の選び方みたい
なものや、大手の出版社が出す本の特集で有料老人ホームランキングと
か出てますが、絶対信じちゃだめですよ。ここにいろいろ具体的に、実際に
僕が見に行っていい施設とか書きたいですし、ここの会社は絶対やめた
方がよいとか書きたいけど、無理ですからねえ(笑)
・・・でも笑えないです。

こんな事件があると、まじめに福祉をしているものとして、憤りを感じます。
もしも、施設入所をお考えの方で、お悩みの方のために、あくまでも
個人的ですが、このブログで「よろず相談」をしようと
思います。鍵コメでご連絡くだされば、具体的なアドバ
イスを非公開でお答えしますので、ご相談ください。